FC2ブログ

方向音痴が話を聞かないのは迷子の元

「RED STONE」での出来事と迷子お知らせ

定置網漁

今日、日中の飲み会で

「青○アミーゴ」を「定置網漁」と聞き違いに爆笑してた莱斗ですw

その後も「めりん」とか爆笑三昧でした。




まずは昨日の出来事。

シフが100↑ソロに参加。

矢DX、牙DX、首飾りLX、運比2のバグナク、魔具Lv2の腹巻き

それと、なんか忘れたけどDX。




・・・・・・運使い果たした感いっぱい。










シフに引き続き

莱斗、レニも火酒卒業。

御協力して頂いた皆様




御協力有難う御座いました




後は倉庫キャラの悪魔のみw

まぁ、悪魔は暫く無理だし、サクッとダメルまで言っちゃおう~♪
スポンサーサイト
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょっと待てッ!

それは昨日の出来事でした

友達とシュトラで蟹狩りをしておりました

友達のペットのLvサクサクと上げておりました


そんな中で事件は起きたのです。



一人の若葉が僕らの狩った後のアイテムを拾おうとしてました


ま、それは別に構わない。

どうせ狩りたてだから拾えないしw

その後、若葉が驚愕の行動を・・・・・・




横しやがった!


正確には数発攻撃していっただけですが

勿論、謝罪は無し





ありえねぇ!



そんな驚愕な出来事w
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソロ

ん~、最近ソロ入っても良い物出ない

何が悪いんだろうねぇ

Lv低いからなんだろうけど


一番問題なのは

飽き易いって事なのかも。



そうそうソロ中に

「アイドル」「騎士」の原石を拾いました。

「 」をつけるのを面倒で兄ぃにメールした時

アイドル騎士になってた。

おかしいなぁ、スペース取ったつもりだったのにw
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

あれから3日

課金中に辞めるのは勿体無い気もして来た。

身辺整理が微妙に出来ないのはなぜ?w


辞めるなら課金終わってから。

続けるとしてもシフ以外は必要に迫られない限り狩りしない。

ネクロを除く

莱斗を使うとしても、街タクくらいかな。

もうBISいいや、って気になっちゃった。


この3日で思った事はそれだけw



必要以外はソロ専門にしようかなぁ・・・・・・

変に気を使わなくても済むし

そんな事も思ってはみてるけど

どうなるやら・・・・・・



借り物も好きにして良いと言われたので

殆ど、行き先決定だし。






久々にゲームで真面目(?)な会話を昨日した気がする。

たまには良いかも
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

暫く

RSから離れようかと思います。


一度入ったスイッチは完全には戻らず

些細な事でスイッチが入ります

大人気無いのは頭じゃ分かってるんだけど

気持ち的にはそうもいかず

そんな状態でゲームすのは、息抜きにもならないし

何より、精神的に辛い

それなら、いっその事ゲームしない方がいいけど

それも逆に辛いし



好きだからゲームしたい


これは本音。




でも




嫌だからゲーム辞めたい


これも本音。



そんな葛藤が起き始めました。

前の時は、人に愚痴ってスッキリしてゲーム続けました。


でも、今回は微妙かもしれない・・・・・・・・・



取り合えず、どう転ぶにしても身辺整理しようかな

そう思ってます。






追伸:兄ぃへ
   スピコマ永久貸しじゃなくて、あげるわw
   いらなきゃ売って金にでもしちゃってw
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

火酒倉庫

オペラさん達のおかげで、火酒を一昨日クリアしました。


昨日、ダメルでポタ出す前まで進めました。


今日、兄と一緒にポタ出しました。





でも、それは全部、現在Lv98のシフw







いや~、莱斗もやらなきゃなぁ・・・・・・
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |

店内での飲食はご遠慮下さい

タイトルを大声で叫びたかった、日曜日

その苛々を未だに引き摺っております。



くそばばぁ





そんな事はおいといて


緊急メンテです



お願いだから、折角の休みにメンテって・・・・・・





火酒止まりが、莱斗、レニ、そして最近遊んでるシフ


一番の原因は、Lvが低いって事なんでしょう。

ギルメンが「Lv200なきゃ無理」って言っていたのを思い出しました。

Lv200以下で火酒終わった人を結構しってますけどね




ん~、何気に人生後ろ向きかも・・・・・・
RED STONE | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |